TOP製品紹介エンジン・空調等エンジン

ENGINE&ECS

エンジン・空調等

エンジン
ENGINE

当社ではヘリコプターに搭載する米国Honeywell社製エンジンを中心に取り扱っており、
陸海空の自衛隊を始め、地方自治体、民間オペレーター等の顧客の皆様に使用頂いております。
これらのヘリコプターは物資・人員の輸送から救急・防災や戦車への攻撃まで幅広い用途に使用されております。
その高い信頼性、低い整備コスト、スムーズな部品供給を維持・向上させるべく日夜努力を重ねております。

T55


Honeywell社製T55エンジンは、川崎重工業にてライセンス国産されており、陸上・航空自衛隊で運用されているCH-47輸送ヘリコプターに採用されている高出力エンジンです。
普段は基地間の物資・人員輸送に使用されておりますが、その高い輸送能力から災害時には多く利用され、阪神淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災等の国内の災害だけでなく、スマトラ島大津波、パキスタン洪水被害等海外での災害への派遣実績もあります。同エンジンは1986年の運用開始以来、改良・モデルチェンジを重ね、顧客の要望に応え続けております。

※画像出典「2枚目:陸上自衛隊HP、3枚目:航空自衛隊HP」

T53


Honeywell社製T53エンジンは川崎重工業にてライセンス国産されており、陸上自衛隊で使用されているUH-1J多用途ヘリコプター、及びAH-1S対戦車ヘリコプターに搭載され、現在両機種合わせて190機が運用されています(平成29年防衛白書より)。
また民間ヘリコプターであるベル204Bにも搭載され、1967年からの長い運用実績に裏打ちされた高い信頼性と低い整備コストで顧客から高い評価を得ております。

※画像出典「2-3枚目:陸上自衛隊HP」

LTS101


Honeywell社製LTS101エンジンは、川崎重工製造のBK117ヘリコプターに搭載されています。同ヘリコプターは消防、救急、人員輸送、送電線巡視で主に地方自治体、民間オペレーターにて運航されております。
当社では運航に必要となるエンジン整備用部品の供給システムを確立、スムーズな部品供給・整備コストの低減に貢献しております。

CTS800


米国LHTEC社製CTS800エンジンは元来軍用ヘリコプター向けに開発されたエンジンですが、現在日本では海上自衛隊の救難飛行艇US-2の境界層制御装置(BLC)のエンジンとして搭載されています。
同装置によって、US-2は極低速での飛行、極短距離での離着水が可能になります。CTS800エンジンは厳しいミッションに耐え得る洗練された設計により高い信頼性を保ち、顧客から評価されております。

※画像出典「2枚目:海上自衛隊HP」

INDEX

製品紹介一覧へ